示談の注意点

示談は加害者と被害者が行う金銭面での交渉ですが、加害者からするとできるだけ多くの示談金を支払ってもらいたいものです。では、この交渉を有利に運ぶためにはどのようなテクニックが必要なのでしょう。

まずは、交通事故の状況を正確に把握することが重要です。道路の状況や交通量、ブレーキ痕や警察が残したマーキングなどを画像やメモとして残しておきましょう。こういった客観的な事実が、事故の模様を正確に伝えるデータとなるのです。もちろん事故車両も写真に撮っておき、事故の損害を証明する証拠としてください。次に、治療費などの支出に関する領収書や、給与の明細書、源泉徴収票など、損害についての資料を用意しましょう。これらが後の示談金の額に反映されてくるのです。

その後、加害者や保険会社との交渉となりますが、このときの注意点としては、かならず自分の意見をきちんと主張することです。曖昧な返事や主張は相手の思う壺となります。また入通院治療中に相手から示談を急かされることがありますが、症状固定してようやく損害が分かるわけですからこれには絶対に応じてはいけません。そして示談は一度成立すると示談金が確定しますので、示談書のサインは慎重に行ってください。とにかく被害者としては、相手のペースに合わせないことが、示談を有利に進めるための大きなポイントとなるのです。


示談までの流れ

交通事故に遭うと、その加害者の運転手との示談となりますが、ではその示談はどのような流れで行われるのでしょう。まずは、事故発生日です。そのときは、痛みや怪我を感じなくても、後日、痛みが出たり怪我が発見されたりすることがあります。必ず警察へ届け、人身事故として処理してください。

次に、事故後の入院や通院に関してです。病院にかかる場合は、第三者後遺障害としての届け出を行いましょう。これは市役所などの窓口で受付けしてもらえますので、たとえ健康保険や労災保険を利用する場合でも届けてください。

事故によって怪我をした場合、治療によってその症状が改善されたり完治したりします。ただ、これ以上治療してもその症状に変わりがないと判断されることを症状固定と言い、この判断がなされると、それ以後の病院での費用を請求することはできません。この症状固定後の後遺症については後遺障害の認定申請やそれに伴う被害射精球で対応します。そして、この症状固定や後遺障害の認定が終了すれば、そこから示談交渉となります。治療費や休職期間の賃金、補償金などを加害者へ請求するのです。その後、加害者や保険会社からの示談金の額に納得すれば示談は成立するという流れになります

【参照サイト】示談交渉の流れ – 交通事故被害者救済サイト


示談と加害者の責任

不運にも交通事故に遭ってしまった場合、その交通事故によって発生した損害賠償について、加害者と被害者との間で交渉が行われます。この損害賠償は、調停や裁判といった決着方法もありますが、実は交通事故のほとんどは示談で解決しているのです。示談は、加害者と被害者、あるいはこの両者が加入している保険会社が行う話し合いのことで、具体的に言えば、お金で解決する手段のことになります。

示談金はよく慰謝料と勘違いされますが、この2つには違いがあります。事故後に示談によって支払われる示談金ですが、この示談金の中には慰謝料などの損害賠償が全て含まれているのです。つまり示談金の中の1つに慰謝料があるというわけなのです。

交通事故により、相手に怪我をさせてしまった場合、加害者は3つの責任を負うことになります。まず、民事上の責任です。これは先ほどの示談金などのような慰謝料や損害賠償金のことです。次に刑事責任があります。刑事責任は裁判などで加害者が刑罰を受けることで、そして、最後に免許取り消しなど行政上の責任となるのです。示談金を支払ったからと言って、刑事責任や行政責任がなくなるわけではありません。ただ、示談がスムーズに行われると、刑事責任も多少軽くなるケースもあります。このように、事故後の示談は加害者、被害者の双方にとって重要なものと言えるのです。


交通事故と示談金

交通事故に遭った場合によく使われる言葉が「示談」です。ただ、よく使われる割には、示談イコール話し合い程度にしか理解されていないのが現状と言えます。では、示談とはどういうことで、そして示談金を受け取るまでの流れはどういったものなのでしょう。

交通事故が起こり、その結果、損害賠償などが調停や裁判にまで持ち込まれるケースはあまりありません。実際は、加害者と被害者との話し合いによって事故後の金銭的な処理は行われるのです。ではまず、事故発生直後にするべきことですが、必ず警察に連絡してください。その後、事故の現場の写真を撮り、どういった状況であるのかというデータを残しておきましょう。そして加害者、あるいはその保険会社との示談交渉となりますが、この際、必ず自分の言い分をはっきりと通すことが重要な鍵となります。保険会社は相場よりも低い示談金を提示してきますので、これに安易に乗らず、徹底的に自分を主張しましょう。

この示談により決定する示談金ですが、実はこの示談金には慰謝料や損害賠償などがすべて含まれています。つまり、示談金の額が決定すれば、その後に慰謝料や損害賠償を請求することができないのです。この点は充分に理解し、注意すべきでしょう。また、怪我や痛みがなくても必ず病院に行ってください。そして、怪我などが完治、あるいは症状固定とみなされてから、示談の交渉に入ることも注意すべきポイントです。このサイトは、交通事故発生時から示談金を受け取るまでの流れについて説明します。